クラフトビールとイタリアン@Craftman クラフトマン京都

クラフトビールとは、小規模な醸造所で職人によって作り出される高品質なビールのことを指し、最近では“地ビール”として流通するようになったもの。

京都市内にあって、これらを専門に扱うお店の中では、これだけの銘柄の樽詰ビールが揃っているのはクラフトマンさんだけだと思います。

Beer House CRafT MAN(クラフトマン)京都
京都市下京区烏丸通綾小路下ル西側

地図

※2015.8.21記載「地ビールの飲み比べ

以前には、通りから見える立ち飲みスペースは賑わっていても、奥や上階はそれほどでもってことがありましたが、解消しつつある様子。

現在、地ビールが25種類とのことで、午後8時まではハッピーアワーが実施されていますし、少量ずつの飲み比べもありますから、銘柄選びに困ったら試してみてくださいね。

※2014.10.15記載「立ち飲みスペースあり

定番スポットになりつつあるのかな、夕方の早い時間からお客さんの姿を見かけます。

京都、それに国内外の地ビールを入れ替えつつ、売れ筋には、アルコールが高めの7%という銘柄も。

通りから見えているところが立ち飲みスペース(チャージなし)で、奥にカウンター席、上階にはテーブル席や半個室まであって、食事も可能ですよ。

※2014.5.27「地ビール専門店

bar K-yaさんの系列で、壁面に備え付けてある地ビールのタップ(注ぎ口)が、なんと23。

そんなにあれば迷うわけで、丁寧に説明してくださるし、3種類の飲み比べセットあり。

1杯だけでもOK

1階のカウンターから2階のテーブル席、3階には半個室まで、ひとりでもグループでも、使い勝手のいい感じの構成となっています。

ふらっと立ち寄って、飲んだら出ていくお客さんもいて、街の止まり木っぽい酒場なのかも。